iPhoneが水没したらすぐに電源を落とそう!

iPhoneが水没してしまった・・・そういうときはすぐに電源を落としましょう。 - iPhoneが水没したらすぐに電源を落とそう!

iPhoneが水没したらすぐに電源を落とそう!

iPhoneの故障する原因で一番目に多いのが「画面割れ」、その次が「水没」だそうです。
特に、水没に関してはトイレだったり、水を零したりといったことが多く、画面割れよりも直すのが大変なものです。
画面割れの場合には、重度でない限りは本体ごと交換することはあまりないですが、水没にいたっては非正規店に修理をしても直せないときや本体を交換しなければならない状態もあるのです。
そんなトラブルを抱える水没には、救出した後は絶対にやってはいけない行為があります。
それが「電源を入れること」です。iPhoneが水没したと思ったら即時に電源を落とさなくてはなりません。水の中に入ってしまうと、電源を付けて問題がないか確認するところですが、そういったことは修理ができない要因を引き起こしてしまうものです。
では、なぜ水没したiPhoneは電源を消さなくてはならないのか、また電源を消した後はどうすれば良いのか詳細をご紹介します。

電源が入っていれば復活の可能性も

ukykuf
iPhoneには防水機能が付いていないものの、水没したからといってすぐに壊れているわけではありません。
直後に電源が消えていれば別ですが、仮に水没しても電源が入っている状態であれば基盤が壊れていないため乾かすことにより使うこともできます。
正規店に出したとしても、パーツの交換をせずに洗浄だけで済みます。修理代金も安く、持込であれば当日で終わるので、負担が一気に減りますよね。
tsrthrs
しかし、当然ですが水が入った状態で電源を入れてしまうとショートしてしまい、データが破損するどころか復活ができない状態に陥ってしまいます。
基盤が壊れたらバッテリーだけでなく本体ごと交換することもあり、費用も高くなってしまいます。データの復旧もできる可能性も無くなってしまう理由から水没したiPhoneに電源を入れるのはNG行為なのです。
救出したときに電源が点いたままでしたら必ず電源は切ることです。

水没したら電気類は通さないこと!

水没したiPhoneはすぐに電源を落とすことは当然ですが、電気を通すことはご法度です。
例えば画面が映らないからといって充電をしたり、PCなどに接続してバックアップを取るなどは控えるようにしましょう。再起動も電気を通す行為なので注意しなくてはなりません。
水没すると、これらの行為をする人が多く、修理店に持っていっても復旧率が下がってしまい、そのまま返却されてしまうことがあります。
反対に電気全般は通さずに端末を乾かしたり、早急に修理店へ状態を見せに行った方が復旧率は上昇します。
できるだけ安全に復活できるようにするためにも電源を落とすことは重要ですし、電気を通さないことは端末を悪化させないために知っておくことなのです。

乾く前に修理に出すのも手

電源を落とすのもそうですが、無事にiPhoneを復活させるには水分を拭き取ったり、飛ばして無くさないといけません。
そうしないと内部が腐食してしまい、電気が通らないので、水没したらひとまずは電源を落としたうえで乾かす作業をしましょう。
iPhoneの水分を全て取り除いたら、さらにジップロックに乾燥剤と一緒に入れて1週間程度は待ちます。上手に乾かして保管しないと、何日経っても端末は復活しません。
既に腐食が発生して機器が壊れていたという話はよくあります。
不安な場合には、水をある程度拭き取ったところで即日非正規店へ修理依頼を出しておくのがベストです。間違った方法をやって故障したら意味はありませんし、乾く前に持込をした方が余計な作業もなくなります。
近くにお店がなく、宅配でしたら早めに送って修理してもらいましょう。お店に行く時間や外出する時間が取れないなどのときに役に立ちます。
水没したiPhoneは非常にリスクが高くなるので、電気を通す行為だけは避けるようにして、しっかりと端末を乾かすという2つを守れば症状も緩和できるはずです。症状を悪くしないように、こういったことを忘れないようにしてスムーズな対応をすることが大事です。
PR:iPhoneを水没させた時の対処法